様々な家

外壁塗装が担う重要な役割とは

カラフルな家

外壁塗装の担っている役割というのは、意外とご存知ではない方も少なくないかと思います。多くの人が、見栄えを良くするためだけに外壁塗装は施されるとお考えになっているのではないでしょうか。その見栄えを良くするという事も、大事な外壁塗装の役割の一つではあります。外壁の色や質感などによって家の雰囲気も変わりますし、外壁塗装にヒビが入っていたり汚れて古くなっていると、毎日家に帰る時に気分も良くありません。しかしその他にも大切な役割があり、そちらについても外壁塗装について皆さん知っておく必要があると言えます。
その大切な役割というのは、家を雨や風や紫外線などから守るという役割です。外壁が全てむき出しの状態だとしたら、日々の紫外線や風にさらされてすぐに壁はボロボロになっていきます。また雨により内部が腐って来たり、屋根なら雨漏りをしてきたり、家として機能しなくなってしまいます。そうならないように外壁塗装がしっかりと守ってくれているのです。ただし、塗装もだんだんと劣化します。劣化すると、守る力も当然弱まります。なのでしっかりと再び外壁と沿うを施していかないと、家が傷んでしまう事になるでしょう。
外壁はこのように重要な役割を担ってくれているので、必要な周期で塗り直すよう心がけてください。

Update Information

2016/05/16
家庭で使う塗料とプロが使う塗料との違いを追加しました。
2016/05/16
わが家は築15年で外壁塗装をしましたを追加しました。
2016/05/16
外壁塗装で塗料を選ぶ時の注意を追加しました。
2016/05/16
外壁塗装が担う重要な役割とはを追加しました。