様々な家

家庭で使う塗料とプロが使う塗料との違い

一軒家

家の壁と塗装しようと、日曜大工を兼ねて行う人などいらっしゃいます。外壁塗装も、家庭で使う塗料とプロが使う塗料とは違いがはっきりとあるのです。
違いは耐久年数と塗料の性能がまったく異なるという意味があります。ご家庭塗料は耐用年数が3年程ですが、業務用塗料は長期間に渡り高い耐久性があるのです。外壁塗装のお願いを業者さんにする際にも、プロがする仕事に期待をするものです。
見栄えの良い外壁塗装は大切ですが、大事なのは下地と下塗りです。外壁塗装時の注意してもらいたい部分となる下塗りと下地との確認は、しっかりとしておきたいものです。
外壁塗装をする場合にも、外壁を塗りつぶす場合と塗りつぶさない場合とがあるのです。塗りつぶす場合は、方法として下地微弾性模様工法・下地微弾性平滑工法・下地プライマーシーラー工法などがあります。家を長持ちさせる為にも、下地塗装には力を入れて外壁の塗装業者さんにしてもらいたい部分となります。なかでも下地プライマーシーラー工法が塗り替え時がはやく迎えるものです。外壁塗装の金額を支払うにも、材料と工法も考える事は大切です。
また外壁を塗りつぶさない場合など、外壁材色があせていなくても出来るのです。

Update Information

2016/05/16
家庭で使う塗料とプロが使う塗料との違いを追加しました。
2016/05/16
わが家は築15年で外壁塗装をしましたを追加しました。
2016/05/16
外壁塗装で塗料を選ぶ時の注意を追加しました。
2016/05/16
外壁塗装が担う重要な役割とはを追加しました。